発達障害サプリの効果とは@脳に良い成分はビタミンB・DHAどれが良い?

普段の生活で記憶力が低下してしまう原因あれこれ

年をとるに連れて、だんだん記憶力が低下してしまっていると感じている人も多いと思いますが、若い人でも記憶力があまり高くないという人もいます。逆に高齢の人でも色々なことを覚えるのが得意だという人もいますよね。記憶力が低下してしまう原因というのは、普段の生活の中にあることも多いのです。

 

例えば、学生の場合は一夜漬け、いわゆる徹夜勉強をしている人もいると思いますが、徹夜で勉強をするということは睡眠をしていないということです。記憶というのは、寝ている間に脳に定着され、長期的に覚えるものですから、徹夜勉強というのは、逆に記憶力を低下させてしまうことになりかねません。また、睡眠不足になってしまっていると、脳の働き自体が低下してしまうことになりますから、却って覚えにくくなりやすいです。

 

次に甘いものを普段から食べすぎてしまっていても記憶力は低下してしまうかもしれません。考え事や勉強などをしていると、甘いものを食べたくなったりしますよね。これは、脳はブドウ糖という糖分をエネルギー源にしているからなのですが、だからといって甘いもののように多くの糖分が含まれている食べ物を食べすぎてしまうと、血糖値が高くなりすぎると海馬が萎縮してしまって記憶力が弱くなってしまうこともあるのです。

 

さらに、糖尿病などのような生活習慣病を引き起こしかねませんから、糖分は適度に取るようにしてください。そして、普段からストレスを抱えていても記憶力の低下を招いてしまいやすいです。ストレスを溜めていると、コルチゾールと言われる物質が脳で生成されてしまうのですが、このコルチゾールは海馬の萎縮を引き起こしてしまいます。ストレスによって血管が収縮されて脳に栄養が送られにくくなってしまったり、睡眠障害を引き起こしてしまって、記憶力が低下してしまうこともあるのです。

 

解決には>>>記憶力を高めるサプリの効果とは?脳の血流改善で頭すっきり